<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

近畿「子どもの水辺」交流会in京都 に参加しませんか?

f0135222_20203820.jpg明日から8月。近畿の梅雨明けはまだですが、こどもたちにとっては楽しい夏休みの真っ最中!海へ、山へ、川へとお出かけの機会も多いでしょう。私の身近なところでは、鴨川で水遊びをするこどもたちの姿も見られます。ああ、私もこどもに帰りたい・・・。(ムリ?)
さて、近畿「子どもの水辺」交流会が、来年の1月23日(土)に京都で開催されます。すでに交流会で発表する小・中学生の募集が始まっているんですよ~!
私はカッパ研究会を代表して、開催に向けてお手伝いをしています。(と言っても・・・何もしていないのですが・泣)水辺で体験したこと、観察したことを、たくさんの小中学生が発表してくれるといいな~と思っています。
くわしくは、京都府建設交通部河川課にお問い合わせください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-31 20:25 | 京都

国際児童青少年演劇フェスティバル大阪 賢治フォーラム

昨日、国際児童青少年演劇フェスティバル大阪に行ってきました!f0135222_11214629.jpg
今年3年目というこの催し、8月2日まで国内外の劇団による公演やワークショップ、シンポジウムなど盛りだくさん。こんなフェスティバルがあるなんて、知りませんでした!
昨日は、大阪市立旭図書館で「賢治フォーラム」が行われ、花巻から宮沢賢治記念館の牛崎敏哉さんがお見えでした。童話作家で賢治作品のお料理の研究をしておられる中野由貴さんと私も、賢治さんとのかかわりなどお話させて頂きました。中野さんとは初めてお会いしたのですが、なんだか初めてのような気がしなくて・・・またまた賢治さんのご縁です。
牛崎さんの花巻の写真とお話も、そして方言で語ってくださった「鹿踊のはじまり」もとても引き込まれ、大阪にいながら花巻にいるようでした。よかったです・・・。
私もとても勉強になりました。読んでいると、つい自分が賢治さんを知っているような気になるのですが、やはり私はちっとも知りません。私の言葉で賢治さんはこうと決めつけることは、してはいけないなあ・・・と思いました。これからも作品を読みながら、その時々の賢治さんに出会い続けたいと思います。
午前中、こどもたちのダンスワークショップ「賢治を踊ろう」を見ました。こどもたちが自由に体を使って「雨ニモマケズ」を生き生きと表現していて、見ていて楽しかったです。
そして、夕方からカナダと日本の共同制作「TRAIN」を見ました。これがびっくりしたのは、カナダのケベックの俳優さんたちで・・・!昔、ケベックに1年ほど住んでいたことがあったので、なんだか不思議なご縁を感じました。日本語とちょっとフランス語が出てきて、映像や太鼓やハープの生演奏、人形や影絵という独特の手法で賢治の世界を表現していて、幻想的な不思議な雰囲気。
私は、個人的にケベックとの思い出が重なり、なんだか走馬灯が回っているような時間を過ごしていました。現実の世界には・・・なかなか戻れないかも。

国際児童青少年演劇フェスティバルは来月2日まで行われています。
まだまだたくさんのお芝居があります。夏休みの一日、ぜひいかがですか?
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-30 11:25 | 宮沢賢治

去年の今ごろは・・・

f0135222_20461822.jpg去年の今ごろは、ハヤチネウスユキソウを見に早池峰山に登っていたのでした。ぶよに顔を刺されて大変なことになりましたが、登ってきてよかったです・・・。
お天気や山仲間や、いろいろな条件が毎年合うとは限りませんし、去年はちょうどぴたっといろいろなことが合ったのでした。そして今年の夏も花巻に行きます!楽しい計画をたてているところなのですが、その前に、大阪で賢治フォーラムが!!
それも、こどもたちのための国際的な演劇フェスティバルの一環で行われるんです。(すごい~!)
花巻の宮沢賢治記念館の副館長・牛崎敏哉さんが、フォーラムのために大阪に来られます。
私、ちょびっとお手伝いをすることになりました。と言っても、私、不勉強なのでお役に立てるかどうか・・・。でも、それはさておいて(笑)、賢治作品のお料理を研究しておられる中野由貴さんもいらっしゃるので、お会いできるのが楽しみです。
このフェスティバル、賢治に関しては、ダンスや音楽で表現するものもありますし、これから海外で公演が行われる「TRAIN」という作品もあり・・・興味深々です。
すでに始まっていて来月2日までいろいろな催しが盛りだくさん!特に、賢治フォーラムの日は、他にも賢治関連がいろいろあります。とにかく私、行ってきま~す!みなさんもぜひお越しください!

国際児童青少年演劇フェスティバル大阪2009
「賢治フォーラム」日時:7月29日(水)午後3時半~5時
会場:大阪市立旭図書館
同じ日にお隣の大阪市立旭区民センターで「賢治を踊ろう」、「TRAIN」も開催されます。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-27 21:05 | 宮沢賢治

プレゼンテーション、終了しました!

時折、激しい雨が降る京都でしたが、京都流プレゼンテーション、無事終了いたしました。
終わって、ほっとしました。“話す”ことを生業としながらなんですが・・・ほんとに苦手なのです。
自分の話をすることは・・・。司会やインタビュアーは、自分が主役ではないので、好きなのです。
派手な仕事のように思われますが、私は結構淡々と地味にやっておりまして(笑)。
だから、いざ自分が主役となると(ちょっと大げさですけど)とっても緊張するんですね。(泣)

京丹後市峰山町制作の絵本「さんねもと天女」を読みながら、やっと落ち着いてきました。京都府さんが市の許可を取ってくださったので、絵をパワーポイントでご紹介でき、とてもよかったです。
連句協会さんのプレゼンもとてもおもしろかったですし、進行役の畑氏、アドバイザーの上村氏の言葉も、とても胸に沁みました。そして、学生さんの正直な一言!(笑)きっと、全ての年代の人たちに同じように魅力を感じてもらうことって、難しいですよね。
でも、文化には、年代だけでくくれないものがたくさんあります。学生さんの中にも、民話が好きな人、朗読してみたい人、読み聞かせの活動をしている人、または会場となる建物や地域の歴史に興味を持っている人・・・いろんな人がいるはず。そこに、直接情報が届くようにしたいですね。
終わってから、メザミ事務局メンバーで作戦会議をしておりました。(というかランチ・笑)
私達、NPO団体ではないですし、こういうことには素人なのですけど、それはそれなりに学びながら、がんばって行きたいと思います。
ことば・こころ・まちを結ぶ「語りの里」、5つの会場も決定し、いよいよ宣伝の準備をして行きます。夏にいっぱい汗をかいて(笑)9月には、詳しいご案内をできると思いますので、しばしお待ちください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-25 17:58 | 国民文化祭/その後

今度の土曜は、「京都流プレゼンテーション」へ!

f0135222_22265881.jpg昨日、南丹市園部町に行ってきました。梅雨の晴れ間で、皆既日食に心ひかれながらもとにかく山陰線に飛び乗ると、保津川の高い鉄橋を越え、山の濃い緑を見ながら気分はだんだん旅モードへ。(笑)亀岡からは見事な田園風景で、田んぼの緑がきれいです!園部に着くと、これまた心地よい風で・・・。京都市内は蒸し暑かったそうですが、園部は気持ちよい風が吹いていました。その園部は城下町(写真は城をモデルにした国際交流会館)、そしてもう少し北の福知山も城下町。f0135222_22271743.jpg

今月は、福知山にも行ってきました。
雨降りだったのですが、復元した天守閣に上ると雨がやみ、なかなかの景色でした。
そんなこんなで、あちこち行ったり来たりしております。そうしながら、国民文化祭、京都ならでは事業の企画、「語りの里」がだんだん固まってきました。

実は、今度の土曜日25日に「国民文化祭・京都流プレゼンテーション」がハイアットリージェンシー京都のガーデンルームで行われます。コーディネーター・畑正高氏 とアドバイザー・上村多恵子氏がお話を進めながら、 京都ならでは事業の事例紹介や意見交流会が行われます。メザミも事例発表をさせて頂きます!読み語りや朗読を交えて、進行状況をお話しようと思っています。時間は10時半~12時。入場無料、申し込み不要です。
みなさん、ぜひお越しください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-23 22:32 | 国民文化祭/その後

村上春樹「1Q84」

気がついたら・・・祇園祭の山鉾巡行が終わっていました。(笑)というくらい、バタバタしていましたが、実はこの頃電車に乗る時間が長かったので、遅ればせながら「1Q84」を読み始めたところ、どんどんストーリーに引き込まれ、車中で居眠りするヒマもなくBook1を読み終えました。
村上春樹さんの小説は、大学時代によく読みました。中でも、「ノルウェイの森」は転居する度に引越し荷物に入れ、京都にも持ってきています。でも、本棚の奥に入れてすっかり忘れていました。
久々に村上さんの文章を読み、学生時代のことを思い出すとともに、一層引き付けられるものを感じています。これからBook2に入ります。感想はいずれまた・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-20 17:22 | 本を読む

ほっこり朗読会のお知らせです!

相次いでご案内ですが、7月31日(金)に「ほっこり朗読会」を行います。
もう何回目でしょうか?今年度に入ってからは、かなり快調なペースで(?)行っているような気がします。朗読会ではありますが、読まなければいけないわけではありません。
読みたい人と聴きたい人の交流の場になれば、と思っています。
ですから読まなくてもいいのですが、でも、せっかくいらして頂くのですから好きな本を紹介して頂くことにしています。ジャンルは自由、自分の好きな絵本でも小説でもエッセイでも・・・何か紹介してくださいね~!
この「ほっこり朗読会」、会場京都府庁旧本館の建物がとてもよいのです。
明治時代の建物が、声をふわっと包み込んでくれて、声を出すもの聴くのも気持ちがよいのです。
その気持ちよさを味わいに、ぜひお越しください!

★「ほっこり朗読会」
 日時:7月31日(金)午前10時~11時半
 会場:京都府庁旧本館1階 NPOパートナーシップセンター会議室
 申込:メールにてメザミにお申し込みください
  参加無料、好きな本を一冊持ってお越しください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-13 17:09 | ニュース

ワークショップ、楽しかったです~!

昨日、「五感を使う朗読ワークショップ」終了しました!
当初お申し込みが少なかったので、のんびりやろうと思っていたところ、高嶋さんの“ピピー”のおかげで(笑)当日直接お越しの方がたくさんいらっしゃり、うれしい悲鳴~!本当に、ありがとうございました。それぞれのお声が聴けて、私はとても楽しかったのですが、皆さん、ご満足頂けましたでしょうか?
ワークショップでいつも思うのは、声って不思議だなあ・・・ということです。初対面でどんな方なのかわからなくても、声を聴くとそれとなく人となりを感じることができます。そして同じテキストを朗読しても、人によって全く違います。まさに、声は人そのものなのですね。
・・・と思うと、自分を省みて恥ずかしくなりますが(笑)。

f0135222_184764.jpgいつもながら、参加の皆さんほとんどが私の人生の先輩でした。人生未熟な私には、まだま出せない味があります。一人、女子大生が来てくれたのですが、こちらはとても瑞々しく、さわやかで・・・。
私は今、さわやかでも、味があるでもない・・・中途半端なところにいるのだな~と思いました。そろそろ、ダシが出てくる年齢のはずなんですけど(!?)。
人生、まだまだですね!ま、あせらず歩いて(走って?)いきま~す!

そして今日は、宇治市中央図書館で職員の皆さんによる「よだかの星」の朗読劇を見てきました。練習時間を取るのも大変だったと思うのですが、それぞれの声にそれぞれの思いを感じ、すてきな「よだかの星」を聞かせて頂きました。やはり、声って不思議です。一人でも大勢でも・・・何かが生まれます。それは、目に見えないものなのですけれど・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-12 18:50 | 朗読のご報告

五感を使う朗読ワークショップ

このごろ、朗読会やワークショップのお知らせばかりしているような気がします・・・。
そして、日々それに追われて過ぎていくような・・・。みなさんも、私のお知らせに追われて、何が何だかごっちゃになっているのではないでしょうか???

ここで、改めてご案内です。
「五感を使う朗読ワークショップ」を、11日(土)に行います。
これは、言葉を味わい楽しむためのワークショップです。技術ではなく、心を解きほぐし五感で言葉を捉え、声に出すことを楽しみます。朗読が初めてという方も、教科書的な読み方から脱出したい方も、朗読をもっと楽しみたい方も、みなさんぜひお越しください!
当日は、簡単な体操をしますので動きやすい服装でお願いします。
また、ご自分の好きな読み物(ジャンル自由)をお持ちください。

会場の遊子庵は、先月の楽町楽家でおじゃました町家です。
遊プロジェクト京都の管理なのですが、理事長の高嶋加代子さんがとてもパワフルで(笑)。
お知り合いになって2年ほどですが、お会いするたびにご活躍ぶりに驚かされます。
今回のワークショップも、高嶋さんがパーソナリティーを努めるラジオ番組にゲスト出演させて頂いた時に、オンエアしながら決まったような感じです。メザミが企画している、国民文化祭京都に関連する事業も応援してくださっています。
高嶋さんは、いつもいろんなところにアンテナを張り巡らしていて、ピピーって何かをどこかでつなげてしまうんです。その“ピピー”の速さと強さが並大抵ではないのです(笑)。すごいです。私も見習いたいと思って、“ピピー”の修行中です。それではみなさん、五感を使う朗読ワークショップでお会いしましょう!

★「五感を使う朗読ワークショップ」 f0135222_2175788.jpg
  7月11日(土) 午後1時~3時
  会場:遊子庵(中京区室町御池上る)
  料金:1500円
  ナビゲーター:星野祐美子
  申込:メールにてメザミにどうぞ
主催:メザミ  共催:遊プロジェクト京都
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-07 21:03 | ニュース

四条京町家は観光ポイント!

四条界隈は提灯が吊るされて、すっかりお祭りムード。f0135222_23164221.jpg
どこかから祇園祭のお囃子の練習も聞こえてきます。その音色に誘われてか、今日の町家は観光の方でにぎわっていました。他府県の方も多く、町家が見たくて・・・という方も。
京都の町家、ブームですものね。でも、もう10年ちょい前だったら、もっと残っていたのに・・・。残すことって大変なことなのだな~と改めて思います。

ところで、今日の「朗読お茶会」は、観光のお客さんやおなじみのお客さんと会話して、とてもアットホームでした。おかげで苦手な太宰も、とても楽しく読めました。楽しく読んだら、ちょっとだけ太宰が好きになりました。やはり、皆さんの前で声に出してみないとわからないことがあるのです。
声を出すって不思議なことですね・・・。
次回の朗読お茶会は9月12日(土)・・・記念すべき50回目!五周年を迎えます。
みなさん、ぜひお越しください!
[PR]
by kira_hoshi | 2009-07-05 23:18 | 朗読のご報告