「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

5月1日は「語りの里」第2弾、南丹会場へ!

しばらく仕事で京都を留守にしておりましたので、ブログご無沙汰してしまいました。
慌しくしているうちに・・・いよいよ「語りの里」第2弾が、迫ってきました。南丹会場の合羽家旅館は、地元の方々の応援をたくさん頂き温かい会になりそうです。共催のまちなかを再発見する会さん、南丹市さんにも多大なお力を頂いております。(感涙)読み手にも聞き手にも心に残る会になるよう、事務局として力を尽くしたいと思います。

ところで、この頃思うのです。歳を重ねるということは、だんだん裸になっていくことなのだなあ(きゃ~!)・・・と。なんというか、身に着けているものではごまかせない・・・結局は何者でもない自分、裸の自分が自分自身だと、よくわかってきました。
若い頃は、歳を取るにつれて身にまとうものが多くなると思っていたのです。でも、むしろ脱いで行く感じ。(もともと着ていないのに?笑)それとともに、体も心も軽くなってきました。
本格的な春の陽気になってきましたし、このまま春風になりたいです~!
f0135222_11255747.jpg
       満開の桜に囲まれる大文字山・・・今さらのupでごめんなさい・・・。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-29 11:30 | 国民文化祭/その後

4/19 ほっとna朗読会 終了しました。

久々に、自分が楽しみました。
実は、「朗読お茶会」をお休みしてから心がすっかり干上がってしまい、砂漠のような状態でした。心がずっとオアシスを求めていました。そして今日、賢治さんを読んで心が少し潤いました。やはり、自分の好きなことを考えることは大切なことなのです。そんな私の独りよがりな朗読を聞いてくださったみなさん、お店のみなさん、ありがとうございました。
今日のプログラムは・・・

・雨ニモマケズ
・東の雲ははやくも蜜の色に燃え
・注文の多い料理店

来月は25日(火)の15:15~ 30分ほどの予定です。
独りよがりですが・・・よろしかったらぜひ!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-19 22:40 | “本のお使い”日誌

親子おはなし会 vol.1

すてきなご縁で、親子のためのおはなし会をお手伝いすることになりました。

f0135222_21475931.jpg会場は、一昨年の楽町楽家でお世話になった「秦家住宅」。築140年の秦家は、江戸時代から薬屋を営んでこられました。祇園祭の時には、太子山が出る鉾町です。
秦さんは、以前からこども達に町家を身近に感じてもらえる機会を・・・と思っておられ、「おはなし会」を始めることにされました。秦さんの思いをお聞きして、お声をかけて頂いたことをとてもうれしく思いました。私も、本を読みながらこども達と一緒に、家の息づかいを感じたいと思います。
家もよろこんでくれるような、そんな会になるといいな・・・。
第1回は5月5日、こどもの日。連休最後の日ですが、親子でぜひお越しください!

■「親子おはなし会」vol.1 太子山 秦家住宅

 日時:5月5日(こどもの日)14時~ 15時
 会場:秦家住宅 店の間
 問合:秦家 075-351-2565 mail2565@hata-ke.jp
 プログラム:「どうぞのいす」「あまがえるさん、なぜなくの?」他
親子でお越しください。大人は文化財保存協力金300円(1人)をお願いしています。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-15 22:02

ほっとna朗読会

先月「語りの里」が始まってからこの3週間ほどは、お天気も目まぐるしく変わっていますが、私の毎日もそんな感じ・・・。なんだか、もう3ヶ月くらい経ったような気分です。
そんな中、この春は桜とともに別れあり出会いあり、でした。
お世話になった四条京町家も、本当に3月31日で閉館となり(最後まで信じられなかった)、最後の日は伝統産業青年会のみなさんと町家で賑やかに過ごさせて頂きました。なんだか、胸がきゅんとなるお別れ会で、町家とみなさんの温かい絆を感じました。私も、5年半お世話になりながら、家とみなさんにたくさん助けて頂きました。すてきな思い出ばかりです。
四条京町家の今後は、大家さんの小泉光太郎さんが、これまでのようにみなさんが訪れることができる家に、と計画しています。楽しみにしたいと思います。

「朗読お茶会」をお休みにしてからというもの、自分で楽しんで読む機会がなくなってしまいました。そのせいか、〇〇肩が治りません。(笑・関係ないですか)
何よりも、「読みたい」気持ちでいっぱいです・・・。(それも賢治さんを・・・)
そこでこの度、下京区の喫茶店「ジョイント・ほっと」で、朗読させて頂くことになりました。
半年ほど前、友達に連れられて行って以来、心落ち着く雰囲気がすっかり気に入り、常連になってしまった喫茶店です。町家を改装した店内は、とてもほっこりできます。ランチやケーキもおいしく、お店のみなさんもお優しい方々です。朗読が、そんなお店の日常のひとコマになれるといいな・・・。
みなさんぜひ気楽にお茶しにいらしてください。

■ほっとna朗読会f0135222_2028553.gif
 日時:4月19日(月)15時~ (30分ほど)
 場所:ジョイント・ほっと 
(tel075-353-2145下京区寺町通仏光寺下ル)
 「注文の多い料理店」(宮沢賢治)他

「ジョイント・ほっと」は ほっとできる、ほっとな喫茶店です。
 この日のこの時間、朗読しています。 ぜひお茶しにいらしてください。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-14 20:34 | 朗読のお知らせ

「語りの里」リレーイベント楽しかったです!

3月に始まった「語りの里」、本番開催だけで息切れしそうなのですが(笑)、宣伝のためのリレーイベントもがんばっております~!
特に、山城会場の澤井家住宅は「語りの里」実行委員でもあるので、実行委員会が楽しんで行っております。今回は、バイオリンとピアノ、朗読そして観客の歌で綴る「サウンド・オブ・ミュージック」!観客のみなさんにも、歌で参加して頂きました。

f0135222_231048.jpg澤井家へは、JR大住駅から徒歩7分ほど。この季節は満開の桃畑の中を通り・・・なんだか桃源郷のようです。そして、今回も管理人・亀村さんのおなかと心がいっぱいになるお昼ご飯。季節柄、筍づくしの贅沢なメニューでした。おいしいランチを頂いたら、リハ前にすっかり終わった気分になってしまいました。(いけない、いけない・笑)f0135222_23102167.jpg

「サウンド・オブ・ミュージック」は、こどもの頃から何度も映画を見ていて、大好きな映画のひとつです。バイオリンとピアノの生演奏で聞くと映画のシーンがよみがえってきて、私の頭の中でジュリー・アンドリュースがギターを持って踊っておりました。
澤井信子さんのバイオリンは、土間の大きな空間で気持ちよさそうに歌っていました。・・・と思ったら、澤井さん自身も歌いながら弾いておられました。(笑・気持ちよかったのですね)
ロジャース&ハマースタイン2世のコンビで50年ほど前に作られた曲ですが、どの曲もすてき!多くの人々に愛されるのもうなずけます。
ピアノの森川紋さんは、以前お世話になったクマブラメンバーのお一人で、「いつか一緒に何かしましょう」と言っていたことがやっと叶い、うれしかったです~!お人柄も演奏もとても頼もしく、思わず実行委員会にスカウトしてしまいました。(笑)
f0135222_23142133.jpgそれにしても、たくさんのみなさんにお越し頂きありがとうございました!
いざ土間の舞台に出たら、お座敷や玄関もお客さんがいっぱいで、びっくりするやらうれしいやら・・・。
そして、みなさんの歌の上手なこと!「ドレミの歌」の二重唱は、素晴らしかったです。「エーデルワイス」も、みなさんの声が土間に優しく響いて心地よかったです。小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、一緒に歌って楽しかったですね。私もあまりにも楽しくて、自分のオンチを忘れて大声で歌っておりました。
観客のみなさんのおかげで、とてもすてきな「サウンド・オブ・ミュージック」になりました。ありがとうございました!
澤井家の本番は来年の4月。実行委員会のやる気もますます高まっております。(笑)
今年秋に、もう一度リレーイベントを行う予定もあります。
「語りの里」のブログ(ここをクリック)もぜひご覧くださいね!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-12 23:19 | 国民文化祭/その後

「語りの里」のリレーイベントです!

桜が満開になってやっと春が来た、という気がします。
でも今年の桜は、ピンクが薄く、白っぽいような気がします。
寒いところをずいぶん待っていたからでしょうか・・・。

さて、年度が変っても相変わらずバタバタしております。
今度の日曜日は、澤井家住宅で「語りの里」を知って頂くためのリレーイベントを行います。
今回は、「サウンド・オブ・ミュージック」を音楽と朗読でお届けしますよ~!
ぜひお越しください~!

■語りの里リレーイベント「おはなし音楽会」

 日時:4月11日(日)15時半~ 16時半 f0135222_0221981.jpg
 会場:国指定文化財「澤井家住宅」
 プログラム:「サウンド・オブ・ミュージック」
  星野祐美子(おはなし)澤井信子(violin) 
森川紋(piano)
  入場無料、ただし文化財保存協力金
300円が必要
 
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-05 23:43 | 国民文化祭/その後

心も満開の春!

昨日、左京区の真如堂を訪れました。f0135222_198620.jpg
青空の下、枝垂れ桜は満開。春日局のお手植えの立川桜もきれいでした。
紅葉が美しいことで有名なお寺なのですが、いつ行っても季節の花に迎えられます。
f0135222_198224.jpg桜とともに紅葉の新緑も目にまぶしく、新しい命の息吹を感じました。
満開の桜をたっぷり堪能してから、塔頭・吉祥院のメダカの学校に参加しました。
まず、お勤め・写経を行い、その後に授業となります。お勤めも写経も初体験で、とても緊張しましたが、気持ちがとても落ち着きよい時間でした。
そして、もっと緊張が高まったのは授業の時間・・・。お越しのみなさんは、人生の先輩方ばかりですし、未熟な私、本当にドキドキしました。みなさんとても熱心に聞いてくださるので、なんとかお話することができました。最後に「葉っぱのフレディ」を朗読した時は、真如堂の境内の四季折々の風景が心に浮かびました。ご住職の竹内純照さんも、広い世界観をお持ちのすてきな方です。(HPとてもおもしろいです!)このようなご縁を頂き、とてもうれしく思います。また、メダカの学校に参加しに行きたいと思います。

そして今日、男女8人のパーティーで大文字山に登りました!
f0135222_1992928.jpg

五山の送り火で有名なこの山も、四季折々訪れる場所ですが、こんなに大勢でわいわい楽しく登ったのは初めてかも・・・。山の上はたくさんの親子連れやグループで賑わっていましたが、それに負けず劣らず、私達のパーティーも賑やかでした。はるか下の桜並木を花見しながら(笑)、パーティーのシェフ手作りのお昼ご飯を頂き、おしゃべりし、笑い・・・何でもないことですが、とても幸せな時間でした。いい大人に(?)なったせいでしょうか?こんな時間が、とても大切に感じられます。この週末は、桜と一緒に私の心も満開になりました!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-04 19:21 | 京都

吉祥院メダカの学校にお招きいただきました。

バタバタと過ごしていて、直前のご案内になってしまいすみません。
京都市左京区真如堂の塔頭・吉祥院で、毎月行われているメダカの学校にお招き頂きました。
真如堂は、季節ごとに風景を楽しめるお寺で、私も時折訪れています。
堂内を見学した時に、ガイドの方がとても丁寧で心をこめて説明してくださったことが印象あり、お寺の建物だけでなくそこに集う方々の温かさも心に残っています。
ですから、今回のご縁もとてもうれしく感じ、未熟ながらもお引き受けいたしました。
朗読で結ばれたご縁についてお話し、朗読も少ししたいと思っています。
境内の桜は、枝垂れ桜が満開、立川桜も咲いています。お花見がてら、ぜひお越しください。
お問い合わせは、吉祥院メダカの学校(こちらをクリック)です。

<吉祥院メダカの学校>

 と き  4 月 3 日  (土) 

 テーマ  朗読で結ぶご縁「今日のおはなし はじまりはじまり~」

 日 程  午後1時半より お勤め・写経

       2時半より 授 業(お話)

 参加費    5 0 0 円
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-02 09:29 | 朗読のお知らせ

「語りの里」京都市会場終了、ありがとうございました!

少々慌しくしておりまして、ご報告がすっかり遅くなりました。
f0135222_2312295.jpg

3月28日、「語りの里」第一弾を、京都市会場にて開催いたしました。
たくさんの皆さんにお越し頂き、本当にありがとうございました。f0135222_23174683.jpg
高校生から大人まで、8人の個人と7つのグループの方々が出演参加してくださり、昔話・童話・小説や詩など、それぞれの世界を聞かせて頂きました。題材の選び方もバラエティーに富んでいて、とても面白かったです。私は裏方をしながら、お座敷のすぐ横のおくどさんの前でみなさんのお声を聞いておりました。土の壁を隔てて聞こえてくる声は、ほんわりと優しく響いて、町家もみなさんと同じように気持ちよさそうでした。ただ、本当にたくさんのお客様がお越しだったので、客席スペースの細長い座敷の後ろの方は聞きづらかったようで、すみませんでした。町家の自然な音響だけに頼るのは、少々無理があったのかもしれません。

f0135222_2317128.jpg舞台は庭をバックにしつらえたのですが、まるで背景セットのようで(いえ、セットというより本物なのですが・笑)なかなかすてきでした。私も出演したかったです・・・。
ところがそれどころではなく、私の不手際で進行が大幅に遅れ、みなさんにご迷惑をおかけしてしまいました。プログラムの遅れや変更が出て、出演者の方々は余計に緊張したと思います。みなさんに、この町家のゆったりした雰囲気を味わって頂きたかったのに、それどころではなくなり、私自身、進行に追われるばかりになってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。
今回のことをよく検証し、次回につなげて行きたいと思います。
次回は、5月1日の南丹会場です。がんばります!みなさん、ぜひお越しください!
「語りの里」ブログ(ここをクリック)で詳しくご報告していますので、そちらもぜひご覧ください。

そして昨日、四条京町家は閉館となりました。
8年間、管理運営に携わってこられた京都伝統産業青年会のみなさん、本当にお疲れ様でした。町家に集いながら、みなさんますます絆を深めてこられたようです。私も、みなさんからたくさんのことを教えて頂きました。伝青のみなさんのますますのご活躍、楽しみにしています!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-04-01 22:51 | 国民文化祭/その後