「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イーハトーブのおはなし会

先日、岩手から達増(たっそ)知事が関西にお越しになった際、「希望郷いわて文化大使懇談会」が行われました。私も、畏れながら出席し、知事と大使の皆様にご挨拶させて頂きました。
大使の皆様は素晴らしい方々ばかりで、心から岩手のことを思っておられます。
それだけに厳しい意見もあり、大変勉強になりました。
私など、ほんとに未熟でお恥ずかしい・・・。
反省する一方で、もう一方では皆さんとおしゃべりしながら、花巻市大迫のスパークリングワインに夢中になっておりました。(おいしかったです~!)

さて、岩手といえば、毎年夏休みに賢治作品の朗読会をしていますが、今年はチェロの三宅かおりさんと一緒に「イーハトーブのおはなし会」をします。
実は、メザミのHPですでにご案内しておりまして、もうすぐ定員となります締め切りました!当日券はありません。事前申し込みのみです。ご了承ください。

■朗読&チェロ「イーハトーブのおはなし会」f0135222_17325062.jpg
 
 日時:8月7日(土)15時~16時
 会場:京都府立文化芸術会館 和室
 料金:大人800円(高校生以下無料)
 申込:締め切りとなりました。ありがとうございました! mes_amis_mail☆ybb.ne.jp(☆を@に変更してください)
 プログラム:「雨ニモマケズ」「永訣の朝」
       「注文の多い料理店」他
 朗読:星野祐美子  チェロ:三宅かおり

 ★小学生対象の「ことばとリズムのワークショップ」も
  定員となり、締め切りました。ありがとうございました!
  
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-30 17:38 | 希望郷いわて

7/25 「親子おはなし会」vol.3終了しました

氷で涼みながらのおはなし会、とても楽しかったです。
今日のプログラムは
f0135222_23265069.jpg
「あっぷっぷ」
(中川ひろたか/文 井上康成/絵)
「ふくろうのそめものや」
(日本民話・山口マオ)
「落語絵本 ばけものつかい」(川端誠)
「ぎゅうぎゅうかぞく」
(ねじめ正一/文 土田のぶこ/絵)

その他、参加親子が持参した「ぐりとぐら」(中川李枝子・大村百合子)を読んでくれました。それがまた、とても楽しかったです。
詳しくは、この下の「秦家の涼のおもてなし」をご覧ください。

*次回の秦家住宅での「親子おはなし会」vol.4は
 8月22日(日)午後2時~3時。
 プログラムは
  ・「じごくのそうべえ」(田島征彦)
  ・おはなし組木「おおきなかぶ」(でこぼこ工房)
   (木のおもちゃを使ってのおはなし)  など
       そして、夏のちょっとこわ~いお話も・・・
       親子でお越しください!(定員:親子10組)
       (大人は文化財保存協力金300円をお願いしています)

[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-26 23:27 | “本のお使い”日誌

秦家の涼のおもてなし

京都は連日猛暑です。
もちろん、秦家も・・・。
f0135222_22564420.jpg
でも、ガラス戸をはずして格子だけにすると、通りから涼しい風が・・・。なるほど、町家の知恵を実感しました!(ネコのmoonも気持ちよさそうに昼寝していました。)

そして、店の間には大きな氷が!!f0135222_22552373.jpg
氷屋さんに聞くと、不純物はもちろん空気が入らないよう撹拌しながら凍らせると、こんなに透明な氷ができるのだとか・・・見ているだけで涼しげ。実際、ひんやりと冷たい風が吹いてきました。
昔、エアコンも扇風機もなかった頃は、真夏のお客さんをおもてなしするのに、お座敷の四方に氷柱を立てたのだと、秦さんが話してくれました。なんてすてきなおもてなし。今日のおはなし会は、この氷の風情を楽しみながらとなりました。(笑)

f0135222_22555192.jpg主役は2歳の女の子。最初、氷をじっと見ているだけだったのですが、最後は触ったりスプーンでけずったり・・・氷遊び、楽しかったです。もちろん絵本も読んだのですが、今日は氷にこどもも大人も(大人の方が・笑)集中しておりました。(笑)
秦家の「親子おはなし会」は、おはなし会を入口に、こどもたちに町家の風情を体感してもらえれば・・・という趣旨なのですから、今日はバッチリです!私も、町家の季節感を思いっきり体感させて頂きました。
体感といえば・・・8月14・15のお盆の時に、秦家で「町家のこわ~いお話聞かせます!」という催しがあるそうです。これは、京都タカシマヤ・新宿タカシマヤで行われる「びっくりエコ百選」のワークショップのひとつ。築140年の秦家で聞く、こわ~い話・・・こわそ~!(泣)。
「親子おはなし会」でも、秦さんにリクエストしちゃおうかな。
「親子おはなし会」vol.4は、8月22日(日)午後2時~3時。たくさんの親子をお待ちしています!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-26 23:12 | 朗読のご報告

7/19 ほっとna朗読会 4回目 終了しました。

祝日のジョイント・ほっとは、平日は来られない方々もお越しになり、よかったです。
そして私も「音楽のかわりに朗読しますから、音楽だと思って聞いてください。BGMのつもりですから、おしゃべりして頂いても居眠りして頂いても結構ですよ」と言って始めることができました。
・・・が、「セロ弾きのゴーシュ」は、ネコやかっこうなど動物が出てきて、火花を出したりガラスを突き破ったりするので、ついついこちらも興奮気味・・・。多分、純粋に食事とおしゃべりを楽しんでいた青年2人組は、早々に帰って行きました。きっとうるさかったのですね(笑)・・・。
「朗読会」ではなく、「ほっとする会」が目標なのですが、まだまだ・・・。

今日のプログラムは
「セロ弾きのゴーシュ」(宮沢賢治)
でした。

次回は8月20日(金)の15:15~ の予定です。
プログラムは「銀河鉄道の夜」(抜粋)、ぜひお茶しにいらしてください~!

[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-20 23:20 | “本のお使い”日誌

祇園祭2010

祇園祭のハイライト、山鉾巡行の日に、近畿地方に梅雨明け宣言が出されました!
毎年のことですが、祇園祭とともに夏が来て送り火とともに夏が終わる・・・なのです。
このところの大雨の中、遠方まで出かける仕事が続き、お疲れモードが出てきておりましたが、お囃子の音色を聞くと元気が出て、途中下車して四条界隈で寄り道をして楽しんでおりました。(笑)
京都に住んで12年、ちっとも京都人にはなれませんが、お訪ねする山鉾があることはうれしいです。以前は、「花よりだんご」で、露店巡りが主でしたから・・・。f0135222_1817504.jpgf0135222_1818959.jpg








太子山町の秦さんの家は、玄関が赤い傘と提灯で飾られていました。表通りは人がたくさん出て賑やかだったのですが、お座敷に上らせて頂くと本当に静か・・・。時折激しくなる雨の音が音楽のようで、じっと耳を澄まして聞いておりました。秦家のお座敷では、偶然や運命(!?)の出会いがたくさんあり、年に1度の祭りならではのことだなあ・・・と本当にうれしく思いました。
f0135222_18191475.jpg
出会いといえば、郭巨山が建つ四条京町家も、たくさんの方々で盛り上がっていて賑やかでした。
この四条京町家が人と人をつないでいく魔法を、私はこの頃ますます実感しています。NPO法人となったことで、今後もっとそのチカラを発揮していくのではないでしょうか。

f0135222_18194217.jpg
17日山鉾巡行の日。
写真は函谷鉾です。3月の「語りの里」で祇園祭のミニ講演をして頂いた小林さんは、この鉾の囃子方です。小林さん、どこかな~と探してみたのですが、ちょっと遠くて・・・(泣)。
f0135222_1820483.jpg

巡行が終わって夕方からは八坂さんから神輿が出る神幸祭。三基の神輿が担ぎ出され、こちらは打って変わって勇壮です。八坂神社の石段下に、三基がそろうと「差し上げ」といって担ぎ手が頭上高く神輿を担ぎ上げて大きく揺らし、あたりは威勢のよい掛け声が響き渡っていました。山鉾も神輿も祇園祭なのですが、17日に両方見ることができたのは初めてでした。
24日には、還幸祭があります。また土曜日なので大勢の方々で賑わうことでしょう。

祇園祭に続いて、8月になると六道参りなど仏さまをお迎えする行事があり、送り火があり、地蔵盆があり・・・京都の夏は本当に忙しい・・・。毎年うろうろしているうちに夏が終わり、私は実家に帰省するタイミングを逃してしまいます。(笑)
みなさんも、夏の京都(とびっきり暑いですけど)にぜひ遊びに来てください~!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-18 18:32 | 京都

ほっとna朗読会 4回目のお知らせ

大自然の力は恐ろしい・・・と災害が起きると思うのですが、普段はその存在すら忘れております。
今回の大雨は、日本各地に大きな被害をもたらし、京都府でも川の増水による浸水や崖崩れ、作物に対する被害もありました。被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。
f0135222_14133960.jpg京都市内でも鴨川の水位が高い状態が続いていましたが、山鉾巡行の今日は河原を歩けるようになりました。でも、三条大橋には自然の力の爪跡が・・・。人間の力などほんとにちっぽけなものだということを、忘れないようにしなければと思います。

このところ、バタバタしておりまして、すっかりお知らせが遅くなりました。
木の香りがするカフェ、「ジョイント・ほっと」で毎月1回宮沢賢治作品を朗読させて頂いておりますが、今月は19日(海の日)です。お茶を飲みながら、音楽の代わりに朗読を聞いて頂く「ほっとする会」です。三連休の最終日、お疲れを癒しにぜひお越しください。

■ほっとna朗読会 4回目f0135222_2028553.gif
 日時:7月19日(月・海の日)
    15時15分~ (30分ほど)
 場所:ジョイント・ほっと 
(tel075-353-2145下京区寺町通仏光寺下ル)
 「セロ弾きのゴーシュ」(宮沢賢治)
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-17 14:15 | 朗読のお知らせ

祇園祭ももうすぐ!

街はバーゲンセールの真っ只中ですが(笑)、四条通を歩くと、祇園祭のお囃子が聞こえます。そろそろ鉾建ても始まる頃・・・街は祭りの熱気が溢れてきました。
この時期になると、どこそこの山や鉾で見送りや衣装を新調したとか、何かを復活させたとか、祭りの話題で持ちきりになります。鉾町のみなさんは、祭りの準備やお囃子の稽古や・・・と忙しくされています。私も京都でのご縁が広がるにつれて、祇園祭に親しみを感じるようになってきました。
f0135222_1647883.jpg

「親子おはなし会」でお伺いしている秦家は、鉾町では一番西。「太子山」のお町内です。写真は一昨年のものですが、普段は静かな通りが大勢の人で賑わっていました。幕や提灯が飾られるハレの日は、家の表情がまたいつもと違います。(きっと家も喜んでいるんですね。)
今年もたくさんの方々が訪れることと思います。秦家のみなさん、お祭りの準備でお忙しくされていることでしょうね。

時の流れとともに、鉾町には近代的なビルやマンションが多くなりましたが、そんな変化の中でも祭りの伝統はたくましく引き継がれてきました。それは、京都の人達が、目に見えない心・魂を大切にしているからではないでしょうか。京都に暮らしていると、とても大切なことが見えてくるようです・・・。

山鉾巡行が終わって落ち着いたら・・・秦家の「親子おはなし会」です。
親子のみなさん、お待ちしています!

☆「親子おはなし会」VOL,3 太子山 秦家
日時:7月25日(日)14時~15時
開場:秦家住宅 店の間

プログラムは「ばけものつかい」「そうれっしゃがやってきた」他
*親子でお越しください。大人は文化財保存協力金300円を
   お願いしています。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-09 16:51 | 朗読のお知らせ

岩手わんこそば大会大阪場所!

お知らせするのが遅くなりましたが、今年も岩手県より文化大使を委嘱されました。
名称が「希望王国いわて文化大使」から「希望郷(きぼうきょう)いわて文化大使」に変更になり、引き続き、岩手県のPRに努めさせて頂くことになりました。(何もできず恐縮ですが・・・)
なにしろ他の大使の方々はお近づきになるのも恐れ多い素晴らしい方ばかり・・・私など、何かできるわけではないのですが・・・食べることなら!!(爆笑)
ということで、参加しました!「岩手わんこそば大会大阪場所」!!
いえいえ、食べるつもりが、給仕に初挑戦~!
ずっと昔、賢治さんのエピソードがある花巻の「やぶ屋」でわんこそばに挑戦したことがありました。時間無制限、女性4人で勝負して・・・私は40杯くらいだったでしょうか・・・?大会ではないので、おそばも薬味も味わいながら、おいしく頂きました。
ところが、大会となると・・・そうはいきません。毎年2月に行われる花巻の全国大会では、5分の制限時間の間に何杯食べるか競います。味わっているヒマなどないのです。
f0135222_1115827.jpg


さて、大阪場所では2分の制限時間で競われました。さすが食の都・大阪!小学生からご年配の方々まで、幅広い世代の参加がありました。そして、なんと、ギャルの集団の参加も~!このギャル達、反応が小学生のようにとても素直で、賑やかに大会を盛り上げてくれました。

花巻のやぶ屋さんからは、社長さん自らが駆けつけておそばをゆで、岩手県大阪事務所職員さんの名司会と名行司が対戦を盛り上げました~!これにはお笑い好きな大阪人も大満足!
私を含め、給仕ははじめてというスタッフばかりだったのですが、始まってみるとまるで全国大会のように白熱しました。
私も、いつの間にか、お客さんをあおってしまい、たくさん食べさせようと必死になり・・・自分が大汗をかいておりました。初めての体験で、とても楽しかったです!
この日、スタッフとして参加したみなさんともすっかり盛り上がり、この日は大阪にいながら心は岩手の一日でした。
この「わんこそば大会」は、数日前に京都産業大学でも開催され、大勢の学生さん達に喜ばれたそうです。そうそう、食べることって・・・食文化って、体を通して伝わっていきますよね。

f0135222_1133989.jpgおそばはもちろん、お米も果物も海の幸も、岩手にはおいしいものがたくさんあるので、もっともっと全国の皆さんに食べて知って頂きたいです。
今回、わんこそば大阪場所が行われたのは、大阪の心斎橋にある北東北三県(青森・秋田・岩手)のアンテナショップ「jengo(ジェンゴ)」。1階にはおいしいものの販売、2階は展示スペースと観光案内の事務所になっています。岩手のこと、東北のことが知りたくなったら、おいしいもの味わいたくなったら・・・ぜひ心斎橋の東急ハンズ隣にある「jengo」へお出かけください~!
[PR]
by kira_hoshi | 2010-07-04 11:08 | 希望郷いわて