「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「鈴木哲雄詩集」

一昨年、静岡国文祭の「現代詩大会」に出演させて頂いた時、名古屋市在住の詩人、鈴木哲雄さんの詩に出会いました。鈴木さんの詩の世界は、言葉の物語と響きの美しさがあり、心がす~っとひきつけられて、情景がはっきりと心に浮かんできます。声に出したとき、とても素直な気持ちになれるのです。
「神様だって」「ソラの風」の二篇を朗読しながら、作者はどんな方かしらと想像をめぐらせていたのですが、ご縁があって最近、直にお声をお聞きし、お声から温かく誠実なお人柄を感じました。あたたかいまなざしで綴られた言葉とお声が、私の心の中でぴたっと重なりました。
こんな出会いは、すてきなことですね。
めまぐるしい日々の中でこそ、こうした出会いを大切にしなければいけないです。
「自分のことで忙しい病」になっていた自分を反省・・・。

先日、京都の小学校の先生方とお話する機会があり、「ソラの風」を朗読させて頂きました。皆さんに鈴木さんの言葉と出会って頂きたくて・・・。こうして出会いがどこまでも広がっていけば、本当にすてきなことですね。
f0135222_9311390.jpg

「鈴木哲雄詩集」(土曜美術社出版販売) / 「神様だって」(樹海社)
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-27 09:32 | 本を読む

「朗読お茶会」が雪婆んごを呼んだ???

話が前後しますが、全国女子駅伝の前日は四条京町家「朗読お茶会」VOL.53でした。
f0135222_1545353.jpg

9月に再開した時から、小嶋あかねさんに宇治香園のおいしいお茶をいれて頂くようになり、本格的な「朗読・お茶会」に生まれ変わりました!

~雪をテーマに3つの物語~ということで、「雪国」(川端康成)「雪の夜の話」(太宰治)「水仙月の四日」(宮沢賢治)というプログラム。
「雪国」は、声に出しながら場面が頭に浮かんできて、読み終わった時には雪に埋もれている気分でした。(笑)
そして「雪の夜の話」。少女の語りとやりとりがおもしろくて、笑いそうになってしまうのですが、お客さんは真剣に聞いてくださっていました。
ここでちょっとひとやすみ。玄米茶「雪宿(ゆきやど)」の芳ばしい香りと味を楽しみました。雪の話に「雪宿」なんて・・・ぴったり~!ちなみに、ウェルカム茶の「京番茶」は、少しスモーキーだけどほんのり甘みがありました。小嶋さん、ありがとう~!
そして、綿雪みたいな玄米を見ながら・・・「水仙月の四日」です。雪わらすや雪狼(ゆきおいの)雪婆んごが出てくる物語。今ごろ、花巻は雪だろうなあ・・・と思いながら読んでいたので、雪婆んごを呼んでしまったのでしょうか???翌日の駅伝、ほんとにすごいお天気でした・・・。

ところで、雪の季節だからこそ、花巻ではすてきなことがたくさんあります。
2月11日は、わんこそば全日本大会!そして2月18日~3月3日は、大迫(おおはさま)のひな祭りです。実は去年おじゃましたのですが、とってもよかった!(去年の3月をご覧ください)
f0135222_15465997.jpg

蚕を育てていた大迫は、京都とつながっていて、昔の京都のお雛様が家々にたくさん残っているんです。享保雛などの年代ものもありますが、何よりず~っと代々お雛様を大切にしていること、昔からお雛様をご近所に披露して皆でお祝いする風習があることが、とってもすてきだなあ・・・と思いました!
また、行きたいなあ・・・花巻。(ホームシック・泣)
ところで、バタバタしてご報告がすっかり遅くなりましたが、昨年、花巻市より「花巻イーハトーブ大使」を委嘱されました。小さな私、何も力はないのですが、自分にできることをしながら、花巻のすてきなところを皆さんにお伝えしたいと思います。
今後とも、どうかよろしくお願いいたします!!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-20 15:52 | 朗読のご報告

全国都道府県対抗女子駅伝

f0135222_0212116.jpg1月16日、女子駅伝の朝は・・・こんなでした。前日の夜から降った雪で、鴨川の河原も真っ白。
やはり、雪婆んごが来てしまいました。前日の「朗読お茶会」で、「水仙月の四日」を読んだ時、“空の仕掛けをはずしたような、ちいさなカタッという音が聞こえた”ような気がしたのです。(笑)
それはともかく、西京極陸上競技場へと向かいました。

毎年、西京極では各県人会がふるさとの名物の屋台を出しています。
青森のおでん、島根のおそば・・・そして岩手は、大きなおもちが2つも入ったぜんざい!
この日は、吹雪→晴れ・強風→吹雪→強風・・・の繰り返しでしたから、温かくて甘いぜんざいは大人気で、行列ができるほどでした。
そんなお天気の中、駅伝選手たちはがんばっていました。
優勝は地元、京都!京都府民としてはうれしいです!
でも、46位だった岩手が、ラスト9区でバリバリ抜いて結果43位に入ったことは、岩手県人会会員としてはもっとうれしい~!
その9区を走った那須川瑞穂選手がゴールするところです!素晴らしい走りでした!
f0135222_0131714.jpg

力を合わせ、たすきをつないだ選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして夜は、選手の慰労会&京都岩手県人会の新年会!
中学生から社会人の選手たちは、とってもまじめでかわいいのです。一人ひとり、挨拶するのですが、中学生でもとってもしっかりしていて・・・。先輩に混じっての駅伝が、また若い選手を成長させるのでしょうね。来年、また来てくださいね~!
f0135222_0135277.jpg

そして、この夜も雪婆んごの仕事は続いたようで、翌朝は再び銀世界となったのでした。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-18 00:20 | 希望郷いわて

1/11 ほっとna朗読会 10回目 終了しました!

昨年末はバタバタしていてご報告できなかったのですが、宮沢賢治の詩の世界さんのご推薦で、クリスマスの日に「バッハアカデミー関西」によるクリスマスオラトリオのコンサートにお伺いし、「雨ニモマケズ」<弦楽伴奏版>を聞かせて頂きました。合唱の声、弦楽器の音が聞こえた途端、す~っとイーハトーブに連れて行かれた気分で、すごくよかったです~!私のクリスマスは、サンタさんではなく賢治さんだったのでした(笑)。

さて、明けて、新年最初のジョイントほっとでの「ほっとna朗読会」は、サプライズがありました!
全く偶然、お茶を飲みに立ち寄ったというお客さんが、もう10年以上ご無沙汰していた仕事の先輩だったのです!懐かしさ・・・というか恥ずかしさ(朗読しちゃった~)が先に立ってしまいましたが、こんな巡り合わせがあるのですね。ほんとにびっくりしました。

♪まわる~まわる~よ 時代はまわる~ 別れと出会いをくり返し~♪
もしかしたら、人生は、一本の道ではなくて同じところをぐるぐる回っているのかな・・・?
ぐるぐる回りながら、何度か同じタイミングで出会う人がいるのでしょうか???
そう思うと、人生っておもしろいです・・・。

さて、今日の朗読は、
「雪渡り」(宮沢賢治)でした。
とっても楽しかったです。

来月の ほっとna朗読会 、決定しました~!
日時:2月14日(火)15時15分~(内容30分ほど)
プログラム:「水仙月の四日」(宮沢賢治)

バレンタインデーですね。
ジョイントほっとのケーキセット(600円)には、ガトーショコラもあります!
おいしいですよ~。どなたもお茶しに来てください!!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-12 22:19 | “本のお使い”日誌

四条京町家のおもちつき

さて、「もうひとつのおもち」は、毎年のように通っている四条京町家のおもちつきです!
昨年3月までは、京都市の施設として京都伝統産業青年会が運営していた四条京町家。
6月に家主の小泉光太郎さんを中心にNPO法人としてスタートし、私も変わらずお付き合いさせて頂いています。
そこで、今年もおもちつきにおじゃましました!
ほんと、おもちつきって大人もこどもも楽しい~!働いて、おしゃべりして、食べて・・・大勢でわいわいやると、すごいパワーが出ます!
f0135222_2395512.jpg

神奈川の実家ではおもちつきしませんし、思えば私、四条京町家とお付き合いが始まるまでは、こういうこととはご縁がありませんでした。
でも、今ではなんだか私の年始行事のひとつになっていて(笑)・・・今年もおじゃまできてよかったです。
つきたてのおもちはホカホカで、湯気と一緒においしそうな香りがしておりました。
急いでちぎって、のして餡を包んだり、丸めたり・・・そうしながら自分たちのお腹にもどんどん入ります(笑)。数えていなかったのですが・・・けっこう食べたかも(笑)
おもちを肴に、おいしいお酒も頂きました。
f0135222_23122129.jpg

この後、私は秦家に向かったのですが(昨日のブログ!)・・・大切な場所に二つもお伺いしたこの日は、私にとって素晴らしい年始でした。
京都に暮らしながら、様々なご縁に育てて頂き、本当にありがたいことです。今年も、ご縁によって成長する一年でありたいと思います。

1月15日(土)、今年初めての四条京町家「朗読お茶会」を行います。
お茶の準備がありますので予約制です。メールにてメザミにお申し込みください。

☆四条京町家「朗読お茶会」VOL.53 ~雪をテーマに3つの物語~
日時:1月15日(土)午後2時~3時
場所:四条京町家 2階 座敷
プログラム:「雪国」(川端康成)「雪の夜の話」(太宰治)「水仙月の四日」(宮沢賢治)
小嶋あかね(宇治香園)さんのご協力で、おいしいお茶をお召し上がり頂きます。
会費:500円(中高生は無料)
定員:20人 予約制、定員になり次第締め切り
申込:メザミ mes_amis_mail☆ybb.ne.jp(☆を@に変更してください)

[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-10 23:16 | 朗読のお知らせ

1/9秦家 親子おはなし会 終了しました!

新年初めての秦家の「親子おはなし会」は・・・おいしかったです~!(笑)
“秦家のお正月”と題して、テーブル火鉢(?)を囲みながら坊主めくりをし始めたら、大人もこどもも楽しくなってしまい、知らない同士もすっかり和みました。
和んだところで「てぶくろ」(エウゲーニー・M・ラチョフ/絵 うちだりさこ/訳)「おもちのきもち」(かがくいひろし)で盛り上がりました~!
f0135222_0415935.jpg

そして、お楽しみのおもち!
秦さんが、年末についたおもちを炭火で焼いてくださいました!
f0135222_0421682.jpg

f0135222_0424374.jpgだんだん芳ばしい香りがしてきて・・・ぷうっとふくらんできて・・・皆でそれを囲んでいるのってなんだかとても幸せで、とってもうれしくなってきちゃいました~!
おもちが焼けたら、お箸でぎゅっぎゅっとして、おしょうゆをかけます。すると今度はおしょうゆの香りがして、もうたまりません~!アツアツのおもちは、とってもおいしかった!


秦家では、年末におもちつきをして、家中の神様にお供えしているのだそうです。
f0135222_0435146.jpg

12個の小さなお団子のようなおもちは、恵方の神様・歳徳神(としとくじん)さんに・・・。
鏡もちの上段が小さい「星つきもち」は、大黒さんに・・・。
神様によって、おもちも違うのだとか。
なんてすてきなことでしょう。
新年早々、とても清々しい心になりました。
そしておなかもいっぱいになりました。
実は私、この日は、おもちのハシゴをしておりまして(笑)・・・もうひとつのおもちについては、また後日UPします~!
来月の親子おはなし会は、
2月6日(日)午後2時~3時
プログラムは「ないたあかおに」(はまだひろすけ/作 いけだたつお/絵)他 
定員、親子10組。予約制。大人のみ文化財保存協力金300円必要。
申し込みは秦家にお願いします。

[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-09 23:59 | “本のお使い”日誌

卯年はジャンプ!

卯年の今年は、うさぎの神社が人気だそうな。
というわけで、左京区の岡崎神社へ・・・。
f0135222_23341866.jpg

鳥居の脇に、まずウサギ・・・。ちょっと粋なデザインですね。
f0135222_23343293.jpg

本殿両側に狛ウサギ。写真ではわかりにくいですが、「あ」と「うん」になっています。
f0135222_2338187.jpgf0135222_23381712.jpg










お賽銭箱の前には、招きウサギ。 
f0135222_23393228.jpg

黒ウサギは、安産・子授けの願いをきいてくれるそうです。
f0135222_23401292.jpg

そして、人気のウサギのおみくじ。とってもかわいい~!
中におみくじが入っているのですが、すごい人気でもうありませんでした。(泣)
f0135222_23403269.jpg

今年はネバるのもいいけど、思いっきりジャンプするのもいいかも(笑)。
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-07 23:45 | 京都

2011年、京都のお正月

 
新年に早速お客様があり、京都の初詣を一緒に楽しみました。
神社仏閣詣でもいいのですが、新しい年の始まりは、心新たに、静かに・・・と思い、山県有朋の別荘だった無鄰菴(むりんあん)で、雪の残る植治の庭を散策・・・。
f0135222_23583925.jpg

南禅寺では冬景色の水路閣のきりっとした姿にほれぼれ・・・。
f0135222_23592275.jpg

そして、下鴨神社の蹴鞠始めへ・・・。f0135222_23594897.jpg
しまった、やはりすごい人です。昔、人ごみを見て怖気づきあきらめて帰ったことがありますが、今回はねばってみました。
ねばっているうちに・・・なんと、いつのまにか前列に。
f0135222_00892.jpg

蹴鞠もしっかり見ました~!
これは、今年は幸先よさそうです。ポイントは「ねばり」にあるみたい。
今年はがんばっていろんなことにネバってみます~!
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-06 00:03 | 京都

12/26 親子おはなし会終了、新年は1/9です~!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末、ちょっとバタバタしておりました。
ブログも失礼してしまいましたが、昨年は12月26日に秦家のおはなし会で終了、新年は1月9日に秦家のおはなし会で始まります!
寒い季節になりましたので、秦家の店の間には火鉢が登場しています。
12月のおはなし会、私も初めて参加してくれた親子(ありがとうございます!)も、火鉢で暖をとりました。(ストーブとホットカーペットもありますけど、火鉢が珍しくて・・・)

この日のプログラムは・・・
「サンタさんからきたてがみ」 (たんの ゆきこ/ 垂石 真子) 
「ぐりとくら」(なかがわ りえこ/ おおむら ゆりこ ) 
「やさいたちのうた」(谷口 広樹/ 藤富 保男) 
「子うさぎましろのお話」(佐々木 たづ /三好 碩也) 
「ラヴ・ユー・フォーエバー」 (ロバート マンチ/ 乃木 りか)
でした!

1月のおはなし会では、この火鉢でおもちを焼きながら、絵本を楽しんだりかるた遊びをしたりという計画です。おはなし会というより、秦家のお正月遊び・・・まだまだお正月気分の頃ですので、皆さんぜひ遊びにきてください!

★「親子おはなし会vol.9」
~秦家で楽しむお正月~
f0135222_10173563.jpg
1月9日(日)午後2時~3時
プログラム:「おもちのきもち」
      「てぶくろ」他
おもちを焼いたり、かるた遊びをしたりします!
申し込み:秦家
定員親子10組 
大人は文化財保存協力金300円
[PR]
by kira_hoshi | 2011-01-01 22:57 | “本のお使い”日誌