「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

宮沢賢治の時間 5回目

先日、今年度最後の賢治の時間に「銀河鉄道の夜」(原作:宮沢賢治 文と影絵:藤城清治)を読みました。
毎年のように最終回は、「銀河鉄道の夜」です。それは、ちょっとカッコつけですが、この未完の物語の先を、私もこどもたちもそれぞれに「みんなのほんとうの幸い」を探しながら、現実の中で続けて行くのだと思うから。これから大人になっていくこどもたちへのメッセージになればと思いながら読んでいます。
でも、いい大人になった私にも、それは何なのか未だに見つかりませんし、情けないことに日々探しているのは「自分のほんとうの幸い」だったりします。「みんなのほんとうの幸い」が、いつか見つかる時が来るのでしょうか・・・。

こうして同じ小学校の6年生と時間を過ごすのも、丸5年・・・。
年間5回、賢治作品をこどもたちと味わいながら、「こどもたちにとってよい時間になっているのだろうか・・・」と悩んできました。でも、「間違いではない」という確信だけは持てるようになりました。きっとこの時間がこれから大人になって行く中で、改めて賢治さんの言葉に出会うきっかけになるに違いない、これで終わってしまうのでなく彼らの人生の中で育っていくに違いない、という確信。
先生方と「そうだといいな~」とお話しながら、この5年読んできましたが、やっとそれが確信になりました。
私の心の中に、ゆるぎない「何か」が生まれたような気がします。
その「何か」も、こどもたちの未来も、目には見えないことなのですが、それを心に想うことがとても大切なことだと思います。

今回は、1年生のところにもおじゃましました。「大仏のくいにげ」(京都の昔話)「あまがえるさんなぜなくの?」(キム・へウォン/文 シム・ウンスク/絵 池上理恵 チェ・ウンジョン/共訳)「スーホの白い馬」(モンゴル民話 大塚勇三/再話・赤羽末吉/絵)・・・と日本や韓国、モンゴルの昔話を読んだ後、「森の絵本」(長田弘/文 荒井良二/絵)を楽しみました。
1年生はまだまだかわいくて・・・でもあっという間に6年生になるのですね。
小学校の6年間に、心に残ることがたくさんあるよう願いながら、来年度もこどもたちと本を楽しみたいと思っています。
f0135222_10173895.jpg

(2週間前の雪は、桜の木に雪の花を咲かせました。あとひと月もすれば・・・桜のシーズン)
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-26 10:19 | 宮沢賢治

高校放送部

先日、京都府の高校放送部の研修がありました。
京都では、放送部の生徒も顧問の先生方もとても熱心で、アナウンスも朗読も番組作りもがんばっています。
そんな皆さんと無我夢中の一日を過ごし、終わるとどっと疲れが出てその夜は爆睡。なんだか、出せるもの全て出して、すっからかんになったような状態です。(笑)
ほんとに、いつも未熟なまま精一杯で、お恥ずかしい限り。かえって、自分が学ぶことの方が多いような気がします。
個別にクラブ活動にお伺いする機会も頂いているのですが、こちらも私自身悩みながら、でもとても楽しく関わっています。指導しながら、生徒たちが小学校や地域で発表する場があるのですが、それを経験するとぐんと皆が大きくなったような気がします。素直な感性が、経験したことをすぐに吸収していくのですね。(私も、昔はこんなふうに素直だった???・・・笑)
今年度は、国民文化祭もあったので、私自身が高校生に関わることがさらに多くて、いろいろと勉強になりました。高校生のパワーに引っ張られて、少しは大きくなったかな?でも相変わらず小さいままで(背が)・・・心身ともに伸び盛りの生徒たちには、「星野さん、ちいさ~い!」とからかわれています。
私だって・・・大きくなりたい、です!!
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-22 23:03 | こどもたち

アテルイを見ました!

f0135222_2302773.jpg

(写真は雪が積もった大文字山)
京都市内にも雪が降り積もった翌日、京都会館にてわらび座のミュージカル「アテルイ」を見ました。
大和朝廷の時代に、屈服せず戦い続けた岩手の蝦夷(えみし)、アテルイの物語です。
よかったです。感動しました・・・。
役者さんの動き、物語の展開・・・躍動感あふれる舞台でした。全編にわたって太鼓が力強く響き、とても骨太な物語でした。踊りも歌もすてきでしたが、華やかというよりは力強く、しっかりと心に残るストーリーでした。
ラストは悲しい場面でしたが、それで終わりではなくそこから未来につながっていくような希望が感じられ、胸が熱くなりました。そして、東北の被災地を思いました。
東北の人の魂が、1200年前のアテルイからずっと受け継がれているのですね。
きっと未来につながっていく、負けずに前に進んでいく・・・そう感じました。
そして、私もがんばらなくては。アテルイから勇気をもらいました!
舞台終了後、なんだか心が晴れ晴れしていました。
よし、がんばろう~!
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-18 23:04 | ニュース

ほっとna朗読会のお知らせ

「2月は逃げる」・・・と言いますが、本当に早いです。
今年は寒さが厳しいですが、風邪ひとつひかず、元気にがんばっております。
この調子で、春本番を迎えたいところです。
さて、毎月1回の「ほっとna 朗読会」、今月は27日(月)です。
先月は竜のお話でしたが、今回は・・・???
どなたもぜひ、お茶しにお越しください。

f0135222_16274043.jpg
◆「ほっとna 朗読会」(23回目)
日時:2月27日(月) 15時15分~(30分ほど)
場所:ジョイント・ほっと
プログラム:「なめとこ山の熊」(宮沢賢治)
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-16 20:43 | “本のお使い”日誌

秦家(はたけ)ではたけ菜???

2月の秦家の親子会は、またまた心がほんわかするひとときでした。

今回は「親子で作ろう!伝統食 初午に食べる冬野菜」ということで、畑菜の辛し和えとお汁を作りました。
京都では、初午の日に畑菜の辛し和えを食べる風習があるそうな・・・。
からしはちょっと大人の味ですが、こどもたちにとって大人の世界に入るようなワクワク感がありそうです。
お料理が始まったら、こどもたちが大張りきりで、畑菜を切ったりごまをすったり・・・。
気がつけば、畑菜の辛し和えが盛りつけられ、お汁が湯気をたてておいしそうな匂いがしていました。
f0135222_23224549.jpg

7組の親子で食卓を囲むのも、親戚が集まったようで賑やか。あれ?皆さん、前からのお知り合いでした???っていう感じでした。
片づけ後、「ないたあかおに」」(はまだひろすけ/文 いけだたつお/絵)を読みました。浜田廣介の語り口が、とてもよいのです。日本語のリズムがとても美しくて、歌を歌っている気分になる文章です。いけだたつおさんの絵もとても優しく、すてきな絵本です。
このお話、私は小さい頃、母に何度も読んでもらって大好きなのですが・・・若いお母さんには知らない方もおられました。そうか・・・もうそんな時代なのでしょうか?いえいえ、時代が変わっても、このお話は永遠に不滅です!やさしい鬼の友情物語、ぜひ読み継いで行きたいです!!
最後に秦さんが「赤猫」の話をしてくださいました。昔、この季節に、秦さんのお父さんが体験したという、ちょっと怖いお話。こどもたちも私も、耳をふさぎながらしっかり聞いておりました。(あ~こわかった・笑)
この日の親子会の様子は、秦家のHPに紹介されています。

なお、3月の親子会は・・・???すごいです!私も楽しみです~!
詳しくは秦家のHPをご覧ください。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-08 23:23 | こどもたち

イーハトーブ冬紀行 追記

冬のイーハトーブは、最低気温が-10℃で・・・やっぱり寒かった~!
でも、真っ白な田畑がどこまでも続く「雪渡り」の世界を感じることができました。
寒波を気にしながらの短い旅だったので、お会いしたい方々にお会いせぬまま帰ってきてしまい残念でしたが、イーハトーブの空気を吸って心がぱんぱんになりました。ついでにお腹もパンパン・・・天然ヒートテックがさらに厚くなってしまったようです。(笑)だってご飯がおいしいんだもん・・・。

イーハトーブでは、人や風景、温泉や食に、いつも心が和らぎます。こんなに何度も通うことになるなんて・・・20年ほど前に初めて行った時には思いもしませんでした。
まだまだ、行ってみたいところばかり・・・今後のために、ドラえもんの「どこでもドア」ほしいです。(笑)
それに、昨年訪れた宮城や小さい頃に住んでいた福島にも行ってみたい・・・。東北に行けば行くほど、なつかしい気持ちになってくるのは、私のルーツが北国だからかもしれません。
東日本大震災からもうすぐ1年。
私には何もできないのですが、ずっと東北の応援団でいたいと思います。

今年3月から一年間、東北観光博が行われるとニュースで見ました。東北6県の観光地がクローズアップされて魅力が伝わり、訪れる人が増えるといいなと思います。
また、岩手県では今年4月~6月、いわてデスティネーションキャンペーンが開催されます。JR6社と協力して、いろいろな場面で全国に岩手県の情報が発信されるそうです。
期間中は、内陸から陸前高田や大船渡、釜石や陸中海岸など、沿岸への復興応援バスツアーもたくさん企画されているそうで、沿岸へのアクセスもよくなりそう。多くの人が訪れることが、復興を後押しする大きな力になるに違いありません。
キャンペーンのキャッチコピーは「イーハトーブいわて物語~そういう旅に私はしたい~」。訪れる人に、いわての旅での体験を通じ、それぞれの「物語」を作ってもらえれば・・・ということだそうです。
私も、また物語を作りに行きたいです。今までの続きも・・・そして新しい物語も。
また、そのうちにおじゃまします!
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-04 19:00 | 希望郷いわて

イーハトーブ冬紀行 後半

奥州市水沢でも、心がほかほかしました!
昨年の読書ボランティア研修会以来、水沢にも温かいご縁がつながっていて、今回は地域の皆さんの童謡を歌う会、「アスピア詩っこの会」に参加させて頂いたのです。とても楽しかったです!
歌って、それも童謡って、すてきな力を持っています。歌いながら懐かしくなって、気持ちよくなって・・・心が解きほぐされて行くような・・・。皆で一緒に大きな声で歌うと気持ちいいですね。そして何より、会のスタッフの皆さんがとてもすてきな方々でした。
皆さんと楽しみながら、この頃の自分の朗読会についてちょっと反省・・・。昨年は、変なところに力が入って、私自身が朗読会を心から楽しんでいなかったような気がします。
参加者もスタッフも皆一緒に楽しんでいる姿・・・水沢で楽しい会の原点を見て、大切なことに気づきました。
歌の合間に、ちょこっと朗読させて頂きました。緊張しましたが(汗)、とっても楽しかったです~!

そして、会の後、水沢の国立天文台にお連れ頂きました!
天文台本館のとなりに大正時代の建物が保存され、宇宙遊学館という展示館になっています。
f0135222_17374146.jpg

また明治時代の建物は、初代所長の業績を顕彰し「木村記念館」として残っています。
「風野又三郎」に、水沢観測所で木村博士がテニスをしている場面が出てくるのですが、テニスコートも・・・あります!館内あちこちに、キャラクターの又三郎がいて、賢治さんの世界でした。急ぎ足での見学になってしまいましたが、またゆっくりおじゃましたいです。
[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-03 17:40 | 希望郷いわて

イーハトーブ冬紀行 前半

ご報告が遅れましたが、先月、寒波と寒波の狭間に、イーハトーブに行って参りました!花巻と水沢、一泊二日の短い旅でしたが、お天気に恵まれよかったです。
花巻には会いたい人、行きたいとこ、山ほどあるのですが、まず花巻温泉に直行。そして、温泉・・・ではなく、賢治さんの「台川」の舞台、「釜淵の滝」を散策しました。
どうやら・・・クマさんもお散歩しているらしい。出会いませんように・・・。
f0135222_225153100.jpg

積雪は多くはありませんが、冷え込みで凍っています。思わず「堅雪かんこ、凍み雪しんこ」と言ったら・・・すべって転びました!(笑)
f0135222_22573541.jpg

雪景色を楽しみながら、釜淵の滝に到着!一部凍っていますが、滝は流れています。見るからに寒そうな姿なのですが、きりっとした美しさでした。
f0135222_2253527.jpg

クマさんには会わずに(よかった)そのまま進路を台温泉方面へ、キックキックトントン・・・。
f0135222_22542191.jpg

台温泉は、坂上田村麻呂の伝説が伝わる静かな温泉です。
f0135222_22544895.jpg
坂道沿いに旅館も自炊宿もあって、湯けむりが上がり、温泉情緒が漂っています。今回は、「すずめの湯 福寿館」にお世話になりました。気持ちのよいお湯とおいしいお料理、そして女将さんのおもてなしが温かくて、お腹も心もふくらんでとっても幸せになりました。また、ゆっくり訪ねたいです。
2月に入ると、東北各地で雪まつりがあります。花巻のわんこそば大会ももうすぐ、その後は、大迫や遠野の雛祭りも始まります。イーハトーブの冬、いいですよ・・・。

花巻では、心がほかほかすることがたくさんありました。
でも、うまく言葉にならないのでそっと心にしまっておきます。



こちらは、おなかをほかほかにしてくれた、花巻の東和町名物!たこやきと大判焼き!(産直あおぞらで売ってます)おしょうゆ味のたこやきは、さっぱりしていてとても美味しかった。大判焼きは、あんこたっぷりでした!

f0135222_22553614.jpg
f0135222_22555689.jpg

[PR]
by kira_hoshi | 2012-02-01 23:01 | イーハトーブ花巻