「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

うまっ!いわて から帰って…

イーハトーブパワーをチャージしてきたはずが、あれ?もうカラータイマー鳴ってます!(泣)
パワーをちょびちょびチャージするには…NHKの朝ドラ「あまちゃん」!
ところが…じぇ、じぇ、じぇ~!!!
今週から舞台は東京…。じぇっく(絶句)・・・。
でも、朝ドラ効果もあって舞台の久慈市は観光客で賑わっているとのことですから、それはよかったです。そして、先月、岩手県から届いたパンフの中にはこのようなものがありました。

f0135222_20401516.jpg「青森・岩手・宮城 目指そう!!世界の三陸ジオパーク」
津波の伝承も含めて、地形や動植物、人々の暮らしも感じることができるようなジオパークの構想が、今、練られているようです。
そして「国際リニアコライダー(ILC)」
なんでも宇宙誕生の秘密を探るために、世界に一つだけ作られる巨大な実験施設なんですって。それが東北、それも岩手の奥州市~一関市が候補地になっていて、奥州宇宙遊学館で去年からその話を聞いていました。ILCそのものは、いくら説明されても難しくてわからないのですが、こんなことが大好きな賢治さんがいたらきっとわくわくするだろうな…ということだけはわかります。(笑)
いずれにしても、未来に向けて夢がふくらみます!東北を応援するためにも、早く現実になってほしいと思います。

応援と言えば、「復興応援バスツアー」。f0135222_20405236.jpg
震災からしばらくして、応援ツアーが少しずつ始まっていましたが、今年は7コースにもなって、盛岡、花巻、一ノ関など発で岩手県三陸沿岸から宮城県にかけて運行されるのだそうです。震災当時の状況を学びながら観光も…こういう応援もできますね!


震災から2年以上経ち、様々な応援の形ができてきました。
いつでも、どこにいても、心に思っていればきっと何かできますね。

さて、今度の土曜日29日に京都の宇治市にて、東日本大震災復興支援チャリティーイベント「第3回 みんなのちから」が開催されます。
宇治市の子育て中のお母さん達音楽家の皆さんが中心になって、岩手県陸前高田市の高田保育園を支援するイベントです。今回3回目という継続性のある支援で、今回の収益で保育園にピアノを贈るのだそうです。
京都岩手県人会のご縁で、私もちょこっとお手伝いさせて頂くことになっています。
劇やコンサート、こどもの遊ぶコーナーや体験ブースなど、一日中楽しいことがありますので、ぜひ皆さんお越しください(^^)

第3回 みんなのちから http://park.geocities.jp/minnanochikara2011/
日時:2013年6月29日(土)10時半~16時半
会場:宇治市生涯学習センター
[PR]
by kira_hoshi | 2013-06-25 20:56 | 希望郷いわて

うまっ!いわて に行ってきました!③

水沢では、いつもの「アスピア詩っこの会」におじゃましました。
季節の童謡や唱歌を歌い、楽しく歓談する「詩っこの会」は、もう20年も続く会で(すごいです!)、運営はすてきなボランティアさん達が担っています。どの方も、この活動を本当に大切にしていて、そして楽しんでおられます。おじゃまする度に、スタッフと参加者の皆さんからパワーを頂いて帰ってくるのですが、今回も…!楽しみながら、パワー頂きました!

そしてさらに…こちらへ!
これは・・・?
f0135222_2248772.jpg

国立天文台の電波望遠鏡です。
f0135222_22483398.jpg

その望遠鏡をのぞむテニスコートは、「風野又三郎」に出てくる木村博士のテニスコート。
建物も、賢治さんの時代の緯度観測所の本館を改修したレトロな建物です。
f0135222_22485896.jpgf0135222_2249232.jpg











去年に引き続いて今年も奥州宇宙遊学館の星空観望会におじゃましました。
そして、大金雅子さんのエレピ演奏とともに、「銀河鉄道の夜」や星や種山ヶ原の詩などを朗読させて頂きました。とても心残るひとときでした。「銀河鉄道の夜」に出てくる「アルビレオの観測所」は、当時の緯度観測所がモデルなのですって。まさに現代のその場所で朗読している、と思うと「銀河鉄道の夜」の四次元世界を感じてしまいました。
読み終わる頃には星がすっかり出て…のはずが、雲が~!
今年は雨は降らなかったのですが(去年は大雨)、やはりなぜか星は見えませんでした…とほほ。
私、雨雲おんなでしょうか???
いやいや、雨ニモマケズ風ニモマケズ、次に行く時は星を見たいです!
宇宙遊学館の皆さんにも大変お世話になりました。
[PR]
by kira_hoshi | 2013-06-20 22:52 | 希望郷いわて

うまっ!いわて に行ってきました!②

6月のイーハトーブは去年に続いて2度目です。(去年はチャグチャグ馬コを見ましたっけ)
梅雨入り前のこの季節、新緑がイキイキとし、緑の風が吹くイーハトーブはとても気持ちがよいです。そして今回、文句なしのよいお天気に恵まれました!
ほら、岩手山も気持ちよさそうに笑っています!(小岩井農場まきば園にて)
f0135222_22221368.jpg

七ツ森も、田植えしたばかりの田んぼに鏡のように映って…
(どれがどの森かわからないまま…撮ってますが・笑)
f0135222_22224733.jpg

なんともはや、イーハトーブです!(笑)

宮沢賢治記念館の南斜花壇の日時計も、お花がいっぱい❤
f0135222_2223204.jpg

今の季節、イーハトーブの旅、おすすめです!
そして、今回も水沢にも行ってきました~!(つづく)
[PR]
by kira_hoshi | 2013-06-16 22:25 | 希望郷いわて

うまっ!いわて に行ってきました!①

「うまっ!いわて」…今年の岩手観光のキャッチコピーです!
ブログの更新がなかなかできないまま…私、イーハトーブに行ってきました!
疲れをしょい込んで新幹線に乗ったので、新花巻に着いた時にはひどい(^^)でした。
でも、おいしいごはんをたくさん食べ(なんとある日の夕食は4杯も…こわっ)、口が疲れるほどおしゃべりし、イーハトーブパワーをしっかりチャージしたら、疲れも一気に吹き飛び、よい(^^)になって帰ってきました。

短い旅でしたが、花巻の台温泉に連泊したのでゆっくりできました。
大きなホテルの並ぶ花巻温泉からちょっと山を登ったところにある台温泉は、1200年の歴史があり坂上田村麻呂ゆかりの温泉。坂道沿いに宿が並ぶ、静かな佇まいです。
f0135222_17365755.jpg

温泉は、ちょっと硫黄の匂いもして…
f0135222_17371322.jpg

温泉神社もあります。
f0135222_17373186.jpg

ひなびた雰囲気が、なかなかいいです。各旅館、それぞれ雰囲気が違うのですが、ちいさな私はちいさな「雀の湯」がお気に入り…♡
温泉でゆっくりしたら、気持ちも体も(?)若返りました!(笑)
[PR]
by kira_hoshi | 2013-06-15 17:55 | 希望郷いわて

宮沢賢治の時間 1回目

今年も、いつもの小学校にお伺いしています。
気持ち新たに、1年生にもどった気分で、こどもたちと楽しみたいと思います!

さて、6年生の「宮沢賢治の時間 1回目」は、「狼森と笊森、盗森」。(写真は狼森)
f0135222_23565072.jpg

以前、花巻で牛崎敏哉さん、志津子さんの劇団らあすを見せて頂いたとき、こどもたちに森役をしてもらってやりとりを楽しんでおられました。そこでそこからアイディアを頂き、私は村人、こどもたちは森!
こどもたちに「いいぞお」「よおし」と声を出してもらいながら楽しみました。
担任の先生が最後に「今日、宿題出してもいいかあ?」と言ったら、思わず「いいぞお!あ、だめだめ~!」と答えているのには笑いました。
アンケートを見ると、ほぼ全員がそのやりとりが楽しかったということでした。
もちろん、私も楽しかった!
「雨ニモマケズ」を一緒に読み、賢治さん直筆の複製を見せたら、後でこどもたちが寄ってきて、「この字はなんて読むの?どうしてカタカナなの?」と興味を持っていました。
そうそう、活字でない部分から感じることってたくさんあります。

次の時間は、4年生。
3年生の時に次回のリクエストをもらっていましたので、その中からまず「おしいれのぼうけん」(作/ふるたたるひ・たばたせいいち)。こどもたちは大喜び!でも、30分かかるので絵を見せながら読むのがしんどくて、ごめん、頭の中で想像しながら聞いてね、とお願いしました。ごめんなさい、このごろ長時間になると、腕の筋肉、プルプルして辛いです(笑)それに、皆が小さいころから大好きで何度も読んでもらってる絵本だからこそ、自分自身が主人公になって心の中で冒険して欲しかったのです。こどもたちの怖そうな顔を見ながら読むのは、こちらも冒険気分になりました。
「モチモチの木」(斎藤隆介/作 滝平次郎/絵)は、なんとかがんばって持ち続けました。
こちらもこどもたちの大好きなお話。何度聞いても、好きなものはいいのですね。
それにしても、体力なくてごめんなさい。そして、目もこの頃見えづらくて(?眼)…笑いごとではなくなってきました!これも大人になってきた証拠でしょうか???
さあ、とにかく今年度もこどもたちとの時間を楽しみにおじゃましたいと思います。
[PR]
by kira_hoshi | 2013-06-02 23:57 | 宮沢賢治