金沢の「町家巡遊2009」に行ってきました!

金沢のご報告をしないまま・・・ブログご無沙汰してしまいました。
何人かの方から安否確認(笑)のメールを頂きましたが、大丈夫、元気です!
慌しい日々を過ごしておりましたので、ブログの更新が後回しになってしまいました。
さて、まずは朗読&リュート「アンデルセンの世界」のご報告から・・・。f0135222_2148143.jpg
金沢の町家のイベント「町家巡遊2009」の催しで、金沢駅から車で20分ほどの海近くの町、大野へ行ってきました!この町は、港町、お醤油の町として有名で、のんびり釣りを楽しむ人もたくさん見かけました。幕末期にからくりの技術を伝えた大野弁吉の「からくり記念館」などもあります。
朗読&リュートの会場は・・・醤油処「直江屋源兵衛」の築120年の町家。f0135222_21485182.jpgお隣にはもろみ蔵を改装したカフェがあり、お醤油デザートもありました。(時間がなくなりコーヒーしか頂けなかったのでまたデザートを食べに行きたいです・泣)
水引オブジェがイベントが行われている目印。

入り口を入ると・・・こんなふうでした!f0135222_21503718.jpg
ここはオエと呼ばれる客間で、気の置けないお客さんを迎える部屋だそうです。蔵の扉を背景にして、土間が舞台となりました。なんだか昔の時代にタイムスリップしたような・・・小林あかねさんの紙の造形とカトウチナツさんのミツロウキャンドルがとても温かい雰囲気を醸し出しています。この中で小出さんのリュートと私の朗読・・・みなさんにはこんな風に見えていたのですね!なんてすてきな演出!私は朗読しながら、小出さんのリュートの音色とミツロウキャンドルの甘い香りに誘われて、とても心地よくなっておりました。お客さんも、とてもいいお顔していらっしゃいました。(小さな子は眠っていました・笑)
こどもたちが予想外にたくさん来てくれたのもうれしかったです!「はだかの王様」は、こどもたちばかりか大人の方も布織りの手遊びで盛り上がりました。金沢のみなさん、実は、とってもノリがよいのですね!(笑)本当に楽しかったです!
それにしても、町家がつなぐご縁にはびっくりです。12年前のある方との出会いが、この金沢の町家につながっているのです。12年・・・私たちには長いような気もしますが、100年以上息づいている町家にとってはほんのひととき。そんな町家の魔法の力で、金沢に引き寄せられたように思います。(笑)町家ってほんとにすごい!!
町家巡遊2009」は、来月3日まで、金沢市内の様々な町家で行われています!秋の観光シーズン、北陸の小京都・金沢旅行はいかがですか?
[PR]
by kira_hoshi | 2009-10-18 21:52 | 朗読のお知らせ
<< 金沢三文豪 金沢へ! >>