国民文化祭・岡山2010 「民話の祭典」に行って来ました!


タイムラグがあってすみません。
10月30日~11月7日、岡山県で第25回国民文化祭が開催されていました。
来年開催地となる京都府では、すでに一昨年から国民文化祭の部署が府庁にでき、開催を目指し準備が進んでいるところです。この秋は府内各地でプレイベントが行われています。本番では、29の市町村全てで合わせて70近くの事業が開催されることになっており、来年の秋が楽しみです。
そして私、丹後半島の伊根町で開催される「民話の祭典」企画委員を務めさせて頂いておりまして、去年からしばしば伊根町におじゃましながら、町の皆さんと楽しい計画を考えております。いよいよあと1年となり、11月7日に、岡山県総社市で行われた国民文化祭「民話の祭典」の視察に行って来ました。f0135222_2075038.jpg
総社までは岡山駅から在来線で40分ほど。途中、電車は田園風景の中を走り、なんだかよい気分になってきました。
会場の総社市民会館は、たくさんの観客でにぎわっていました。
山形、鳥取、島根、千葉など県外の団体もたくさん参加して、各地の民話を方言で聞かせて頂いたのはとてもよかったです。f0135222_2051633.jpg
また、地元、岡山県のパワーが素晴らしかった。
保育園の先生と子どもたちによる演目や、小学生がオペレッタで地元の昔話を演じるなど、一生懸命な姿にとても感激しました。出演のこどもたちにとって、すてきな経験になったことでしょう。みんなで作り上げたふるさとの民話、きっといつまでも忘れないでしょうね。

来年、伊根町ではどんな「民話の祭典」になるのでしょう。京都市内からはちょっと遠いのですが、浦島伝説の伊根では流れる空気がゆったりしています。そして、ちょっと人見知りなお父さんたちと思いっきり明るいお母さんたち、人懐っこいこどもたちがいます。
来年の「民話の祭典」が、そんな町の皆さんにとって心に残る思い出となりますように。
[PR]
by kira_hoshi | 2010-11-15 20:09 | 国民文化祭/その後
<< 鈴江昭記念ウィンドオーケストラ... ひだまり図書館、よかったです! >>