今度の日曜、「朗読お茶会」です

今年の冬は本当に雪が多いです。
京都には雪もとても似合うのですが・・・そろそろ春の気配も感じたいものです。
ところで、いつも「朗読お茶会」を行っている四条京町家は、元々は鋼材を商売にされていたお宅の隠居所でした。明治43年に建てられているので、今年で98歳・・・。京都の街のど真ん中、四条通りに面した場所にマンションやビルに囲まれながらも残っています。
玄関を入って通り庭の奥は、意外に静かでびっくり。おくどさんや坪庭にもほっとします。
今は京都市伝統産業振興館になっているのですが、実はその前に取り壊されそうになっていたのを個人の方が買い取って救ったので、マンションにならずに残りました。
朗読でも演奏でも、この家にぴったりな時は、本当に優しく響きます。そんな時、家が喜んでいるんでしょうね。お客さんや私も、心温まる時間になります。
さあ、次回は今度の日曜、3月2日(日)です!江戸(?)から樹又ひろこが参加します。
きっと町家もよろこんでくれると思います!皆さんもぜひお越しくださいね!!

「朗読お茶会」VOL36 ~春の出会い~
会場:四条京町家   親子の時間 午後1時~2時   大人の時間 午後2時~3時
朗読:星野祐美子 樹又ひろこ(樹又は大人の時間のみ)
料金:大人500円  高校生以下は無料
[PR]
by kira_hoshi | 2008-02-26 20:58 | 朗読のお知らせ
<< それぞれの「生きる」 ここにも・・・ >>